FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

積雪期も終盤のオロフレ山



今朝は天気予報通りの高曇り。

カルルス温泉に向かう途中の札内高原から来馬岳、オロフレ山がしっかり見える。






カルルス温泉駐車場で車を止め、羅漢岩を双眼鏡で覗く。


2週間前、オーバーハングしていたB沢左股の抜け口の雪庇が大きく後退している。


雪渓が切れることなく抜け口まで続いているので登れそうだ。





トンネル内駐車帯の向かいにあるドアを押すと、人一人が出られる隙間が開いた。



羅漢岩ルートの出合いは、この真上になる。









曇り空の早朝なので、暗い感じのするB沢左股。


抜け口は容易そうに見える。


風が少しあり肌寒く、いい感じである。


ただ、ウォーミングアップ無しに、即登りなのがちょっとつらい。(取り付きまで30分~1時間位歩くのが丁度良い)










大小の落石が雪渓上に転がっている。
このルートは斜度が少なく難しさはまったく無いが、ルンゼ特有の危険性は有り。



2年前(3月29日)に垂直だった抜け口もなだらか。




















5時20分:取り付き

5時55分:終了。

わずか35分の登り。



羅漢岩稜線に出る最短距離、最短時間のルートといえる。
時期限定であるが・・




下山は登別ルートの締まった沢を下った。






頂上は2週間前から見て、積雪減1m。
ズームしたニセコアンヌプリ、羊蹄山、尻別岳がきれい。






先週あたりで終了と思っていた羅漢岩に、今の時期入れるとは思いも寄らなかった。

羅漢岩稜線や頂上稜線の一般登山道が徐々に露出されており、積雪期オロフレ山も終盤である。





<< 気温低めで快適オロフレ山 | ホーム | 来馬岳北東面沢Aルンゼ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム