FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

登山者がドンと増えたオロフレ山



この一週間でどれだけ積雪が減ったかな?と思いながら快晴のオロフレ山に向かう。

オロフレトンネルを出た所で壮瞥ルートを見れば、雪渓はそれなりに残っている。

しかし、先週小さな竹薮で切断されていた2、3ヶ所は、行く手を阻んでいる可能性が大きいので予定通り夏道へ。





先週、壮瞥ルート下山後に展望台ゲートの残雪状況を確認していた。
そして今日と比べると50cm減で、融雪は思ったほど進んでいない。

          5月23日                     5月30日


ゲート開通
2010年は6月14日の予定
2009年は6月4日
2008年は5月29日


残雪はびっしり50cm~100cmの所があれば、0cmの所もある。
展望台(登山口)の手前、カーブの所が最大で2m。
道路は80%が残雪歩き。



展望台から登山道に入れば、夏道と雪道がミックス。
P1003下の夏道が消えている残雪斜面では、登り下りでちょっとした判断が必要。(3日も経てば問題無し)



頂上積雪ゼロ。(裏に少し残っている)
頂上稜線は80%が夏の道。



今週になって、羅漢岩稜線の登山道沿いに沢山咲いてきた小さな花。













帰路、ゲート近くまで来ると中高年女性10人組。(沖縄から7人、札幌から3人)

オロフレ山のシラネアオイ目的で来たそうだが、時期が早く非常に残念がっていた。(萩野里自然公園では見てきたそうです)

その分、雪と戯れて遊んで行くと云っていたが・・・






そしてゲート前に30人の団体さん。

ゲートが開通した後では登山者で込むため、道路歩き覚悟で来る団体さんも毎年多いが、今年は早かったよう。

今日は単独者3人とも出会っている。



「オロフレ山の春は人と供にやってくる!」ですね。







入山時気温 3℃(05時08分) 下山時気温 13℃(10時24分)

今日は陽気が良いので道草を食ったり、登山者と会話をしたりで、登りより下山のほうに時間が掛かっている。

早朝の残雪は凍っている部分もありガチガチで登り(歩き)易いが、帰りは埋まりはしないがグサグサになってきた。

残雪を楽しめた快適なオロフレ山は、そろそろ終わりのようです。



<< 無雪期オロフレ山が始まりました | ホーム | 気温低めで快適オロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム