FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

無雪期オロフレ山が始まりました



早朝、濃霧の中、自宅を出る。今日から夏靴を使用。

天気予報は晴れ・・その通りでカルルス温泉近くに来ると空は快晴。市街地は薄い雲海に包まれているだけだった。

午前中には平地も晴天になる筈。





いきなり、頂上。

入山時気温7℃で爽やかで涼しいうちに着く。



早朝は花開いている植物が少ないため、写真は下山時に撮ることが多い。







先週、全く見られなかった白根葵が、羅漢岩稜線から頂上間で咲き出した。



ほとんど花を閉じていたが、昼ころには開くんだろうと思う。








小岩峰に張り付いている、米葉栂桜(こめば-つがざくら)


山神石柱下には古い5円10円が賽銭とし置いてある。何故風で飛ばされないのだろう?
オロフレの烈風は、氷雪が積もってからの冬しか吹かないためと思われる。


登山道脇にはその他何種類かの花が見え出している。



登山口から1003Pまでの登りで残雪5%。羅漢岩稜線から頂上間も残雪5%くらい。


建物はまだ冬期間閉鎖中のトイレ。


足元のお花畑の花は、何も咲いていない。







ここの雪が最後まで残り、道路上で塊りが消えたらゲート開通になる。

現在、厚いところで1.5mくらい。

開通予定は6月14日になっているが・・・


自然融雪では無理だろうと思う。






展望台(登山口)から1km下がった所で、今日始めて出会う登山者がバイクに乗ってやって来た。



発進するところを見ていたが、雪の上ではなかなか進まないものだ。







ゲート近くまで来ると、続々と登山者が歩いてくる。


時間的に見て「頂上で昼ごはん」という登山者が多いようだ。









壮瞥側から見たオロフレ山。

頂上・・1062P・・小岩峰・・1003P

地元市街地から見る三角錐のオロフレ山とはまったく違う山容。












展望台ゲートが開通したら、昨年に引き続きオロフレ山・来馬岳2登山の予定。

<< いい天気が続きます! | ホーム | 登山者がドンと増えたオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム