FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

陽が差せば残暑厳しいオロフレ・来馬



春先に4時前だった日の出が、今では1時間遅れの5時に近い時間帯。

日の出時刻の入山に合わせ、ガス模様の中、自宅を出る。






オロフレ山

入山時気温19℃の霧で涼しい中、頂上に。

日中の暑さとは別世界の早朝登山。











登山道で一番目立つ、蝦夷御山竜胆と梅鉢草。













下山しても視界は入山時と変わらず。

車がうっすら見える。
















来馬岳

来馬岳5合目以上の登山道は草被りが多くて大変!


特にこの草花にアリがびっしり張り付いているため、ストックで叩き落しながら登ることになる。








頂上から見るオロフレ山の雲は、切れて行きそう。













登山口に下りると向こうに見えるオロフレ山は晴れて空も夏の雲。

登山口は入山時気温22℃で下山時気温が29℃。午前中で7℃上昇。

午前中に下りてきてホッ!











ゲレンデ下部の草刈が終わった来馬岳にはキリギリスやトンボが一杯。

気温以外は既に秋模様になってきたが、猛暑の年の冬は果たしてどんなものか・・?などと考えている。




<< 登山者が多いとオロフレ山といえ・・・ | ホーム | ルート図 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム