FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

来週からは冷え込むらしいが・・・



昨日は天気予報通り、夜半から朝にかけて雨。

今日は朝のうち晴れて夕方から雨の予報。

これらを信じ山行きは今日とした。





オロフレ山

夜明け頃の時間だが、暗くガスっている。(画像では明るく見える)



先週まで無かった登山ポストが新設されていたので記帳して入山。







頂上に着くとガスが瞬間的に切れ、羊蹄山の頭だけが顔を出した。

オロフレ山の頂上はガスがまとわり付いているため数秒後には視界数十メートル。

アップで羊蹄山を撮ろうとしたが遅し!晴れてはくれない。






登山口近くまで下山すると2組が登ってきた。

車と数が合わないので1組は画像正面が登山口の1077峰方面に向かったと思われる。















来馬岳

頂上に新設された幌別鉱山コースの看板。

冬季は雪の下に埋まっているだろう高さ。

山の看板標識は雪に埋まらないと長持ちはしないと思う。

利尻山北峰頂上の祠なぞ厳冬期は氷のよろいを被るせいかも知れないが、あの気象条件でよくまあ~飛ばされないものだと感心する。




スキーシーズンを控えて綺麗になったゲレンデ。

登山口まであと15分くらいの所から強い雨が降り出したので傘を差して下る。

登ってきて雨と共に引き返した二人組はずぶ濡れになってしまった。












各地の山がそうであるようにオロフレ山、来馬岳共に木々の葉枯れが目立っている。

昨年のカルルス温泉周辺の紅葉は見事だったが、今年はどうなのか?まだ分からない。




<< ウォーキング日和 | ホーム | 一晩で秋がやってきた! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム