FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

羅漢岩からオロフレ山の予定だったが・・・



今日は羅漢岩を絡めたオロフレ山・来馬岳を予定。

カルルス温泉駐車場に車を置き、車道を徒歩でオロフレトンネル上にある羅漢岩出合へ。

B沢左股から羅漢岩稜線に抜けオロフレ山頂上。

展望台からカルルス山・来馬岳を経てカルルス温泉駐車場へ。


・・・結局、B沢左股をクリアすることを出来ずオロフレ山はスルー。





ルート













カルルス温泉駐車場を5時出発。

日の出時刻の5時半頃だが、歩いている道路に陽は当たらない。

オロフレトンネルまで6km、標高差450m。








出合から見る沢はうっそうと木々が茂っている。

本ブログ右上の積雪期の画像とは大違い。











狭い沢に被さっている潅木をくぐりながら来ると、3mほどの岩が行く手を遮る。

3級程度の左側を攀じる。

何十年ぶりかの岩登り。








あまり記憶していないが、岩が狭まった上あたりで撤退。

画像では緩やかに見えるが結構斜度がある。

直ぐ抜けるシダ類と小指ほどの潅木が点在する草付き。

土壁は蹴り込んでもスタンスになりにくく、掴んでいる束の潅木が抜け、ズリッといくと5~6mはスベリ落ち、もんどりうったら致命的になりそう。

目の上2~3mは潅木が見当たらずこのまま登ると“子供が崖を登り、下りられなくなって泣きべそをかく”という光景になりそう。

クライムダウンできるうちに撤退が利口。

稜線まで50~60m。


オロフレトンネル内を歩き、旧バス停の林道から展望台へ。

カルルス山側の斜面を少し登って下を見ると登山者の車は6台くらい。

左側の車は登山道整備に入っている地元山岳会のようだ。






秋らしく青空になったり雲になったり。

その都度、身体も暖かくなったり寒くなったり。











来馬岳を下山するまでに3グループが草刈整備を行っていた。












道なり、テープの通りに歩いてきたら、旧1077頂上、新カルルス山頂上に出合うことなく来馬岳頂上に着いてしまった。

途中でおかしいなと思い引き返したが分からなかった。












やっぱり無理を出来ない年になっていたことを自覚。

ケガをしないようのんびり行かなくちゃ





<< 今日は中止です | ホーム | ウォーキング日和 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム