FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレ山とカルルス山



夏場当たらなかった週間天気予報が、秋になってから結構当たってきた。

今週は土曜後半から崩れ、日曜は雨、月曜は晴れの予報。


ということで今日を登山日とする。


オロフレ山に向かう途中、新登別温泉の道路電工掲示板にチラッと、峠通行止開通未定の文字が??

カルルス温泉ゲートと思ったら開いていたので展望台ゲートらしい。





展望台ゲートがやはり閉まっていた。

今日は来馬岳を止めて、オロフレ山とカルルス山(前回頂上を見過ごす)にする。










ゲートから展望台(登山口)までの道路は、山陰になるので陽がまったく当たらない。

日の出前に歩き出していることもあるが、ここに来て初めて陽を望める。









頂上看板が修理されていた。

今度は旧コンクリを補助にして、四角い鉄製の柱がガッチリと。




頂上稜線の上りはガスの中で、ここは風が強く寒いので即下山。




下山するといつもなら2、3台の車を見るが、当然ながら今日は見当たらない。

単独登山者に出会ったったが、その方も車道歩きを余儀なくされている。


正面の斜面を登ってカルルス山に向かう。






高度さがあまり無いアップダウンを繰り返しながら頂上に。

2年前まで近くの1077mが頂上だったが、国有林が何とかかんとかで、地元山岳会がこちらに頂上を移転したとのこと。

帰路、1077mの旧道に入ってみたが、腰までの濡れた笹が登山道を埋めていたので止めにする。

オロフレ山は登別市に位置しておらず、市内最高峰は来馬岳でもなく1077峰。

大きな岩がある地図上の最高点の方がしっくりいくと思うが?

展望台を見下ろせる場所に来たら、駐車場に車が十数台。

別に土砂崩れも無かった道路を、テクテクと車まで戻った。













普通ならば今月末、山に初雪が降るはずだが、果たしてどんなものか。

今日などは、風の無い日当たりの良い場所は、暖かく気持ちよかった。

しかし、今ブログを書いている最中外に出てみれば、今年初めて見る白い雪虫がふわふわ舞っている。

いつものように冬が近づいて来ている。




<< 穏やかな登山日和 | ホーム | 今日は中止です >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム