FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

穏やかな登山日和



週末に近づくに連れ、日曜日の天気予報は、雨→曇り→晴れに変わってきた。

家を出るとき、日の出前の空は晴天模様。





オロフレ山

丁度、日の出時刻頃の5時45分。


日の出と霞んだ羊蹄山を見る感じの、若い女性が一人。









珍しく風無しの穏やかな頂上。

いつものように写真を撮って直ぐ下山に入り、三角鉄板岩で休憩。
















来馬岳

7合目手前にある、くぐり抜けなければならない所。

かがんでザックがぶつかる高さで、一瞬だが腰に負担が掛かる。









写真を撮っていると近くで、ガサゴソ、バキッ(枯れ木が折れる音)が聞こえてきた。

クマか鹿なのか分からないが、頂上から2本くらい鹿道はある。

このあたりに食べ物など全然無いと思うのだが。











オロフレ山を下山した頃から雲がちな天気になったが、寒さも感じられず穏やかな登山日和だった。



<< まだ寒さを感じないオロフレ山と来馬岳 | ホーム | オロフレ山とカルルス山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム