FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ラッセルのオロフレ山


遅ればせながら、おめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。


正月三が日を除いた前後、小刻みに降雪が続いています。

今朝、自宅そばから見える来馬岳の頂上付近は晴れているが、右奥のオロフレ山は大きな雲に包まれている。






登頂可能な最短ルートの登別ルートに入る。

取り付きの沢状はラッセルが深そうなので、左側斜面にルートを取る。










どこを登っても膝から股までのラッセル。

通常ルートに戻り、目印のアーチ横を通って稜線へ。

稜線に抜けると下りて来る山スキー4人パーティーに出合う。

地元山岳会の方たちで、私の後から右手尾根状から登り、私を追い越していた。

天気が思わしくないので下山に入ったところだった。




小岩峰基部の登りも雪が深い。

以前、岩に寄り過ぎシュルントに身体毎スッポリはまり、スノーシューが抜けなくなり苦労したことがある。

抜けた上の尾根はオロフレ山で一番風の強い所だが、クラスト無しでガッカリ。







1062P手前の広い鞍部まで来たが、今だかつて埋もれたことの無い、ケルンが見当たらない。

直ぐ見つかったので頭を出しておく。烈風吹き荒れればいつものように露出するだろう。

ここで12時00分。速やかに下山開始。







下山中、登別ルート出合いから少し登ったところにテープを取り付ける。

登りで左手に寄り過ぎないよう、シーズンオフまで毎年付けている。













クラストがミックスされないと、単独では時間的に頂上は難しい。

低山の悲哀か、今日も足腰を鍛えさせてくれる、ラッセルのオロフレ山1231mでした。




<< 今日も足腰強化週間のオロフレ山 | ホーム | 30mでギブアップ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム