FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

エスケープ


朝、テレビからオロフレという音声が・・

NHK総合で、さわやか自然百景「北海道 オロフレ山系」7:45~8:00が始まるところだった。

ザックリとした映像で、主に来馬岳の氷筍(ひょうじゅん)をテーマにしたものだった。




最近、大雪が降っていないし、天気も午後から良くなるようなので壮瞥ルートに入る。

壮瞥側の駐車場に車を置き、取り付きのトンネル入口に向かう。










何とも今までにない景色で、いつもフラットな斜面が、段々畑になっている。

多目の雪が降ると凹んだ処の新雪で、深いラッセルを強いられそう。

今日はほぼクラストした、段々畑を越えて行く。








羅漢岩稜線のB沢右股の抜け口。

視界が無いので手前だけを写す。

雪庇が例年より薄いのが目立つ。










羅漢岩稜線を抜け、登別ルート、大曲ルートとの分岐に着く。

分岐を過ぎ歩いていると、突然後ろから「$*'*$!!」と声がしてビックリ!

(たぶん、こんにちは!だったと思う)

大曲ルートから登ってきた単独行者だった。






小岩峰尾根をスキーで先行する札幌から来た若者。













1062Pに着いた若者はスキーをデポして、ツボ足で頂上稜線に向かった。

私はいつものように、すぐ下で休憩と行動食を摂る。

最近オロフレ山で人に会うのが多くなったが、ほとんどの人が食しているところを見たことがない。

皆さん、何も食べないで頂上稜線を往復して一気に下山、という方が多いようだ。

よっぽど天気が良くないと、頂上や稜線は休める場所で無いが。(時刻的には昼をまたぐ)


頂上は視界なし。

積雪が10cmくらい減った感じ。












頂上稜線下部まで下りると登ってくる人が・・

2月6日に1062Pで一緒になり、頂上まで同行した壮瞥方面の方だった。

遅めの時間に登別ルートから入ったとのこと。









登別ルートとの分岐に着き、羅漢岩稜線の登りに来たところで思案・・・。

時刻は13時40分。

既に往路のトレースは消えている。

数十回も踏み抜きがあった羅漢岩稜線を帰路もラッセルはキツイ。

速やかに登別ルートにエスケープを決め下山。




1kmのトンネル歩き。

向こうから来る車に一度も会うことなく、出口まで車道を歩けた。

下山終了時刻14時30分。













今日の天気予報は夕方から晴れマークが付いていたので、午後から晴れるだろうと予想して壮瞥ルートに入ったが見込み違いだった。

晴れていれば、帰路のラッセルや踏み抜きは気にならないが、無理せずエスケープして正解だった。




<< 登別ルート→壮瞥ルート | ホーム | 今日もまた登別ルート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム