FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

登別ルート→壮瞥ルート


今日の天気は平地でまあまあのようだが・・・。



カルルス温泉手前から見るオロフレ山の本峰は相変わらず雲の中。

前衛の大曲尾根から羅漢岩稜線はスッキリなのだが。










クラスト期待で壮瞥ルートに入ろうと思ったが積雪多し。

3月3日に降ったのが、どう見ても固まってないようだ。

ラッセルが深そうなため、登別ルートに変更。








1062P下のいつも休憩する場所。

木に座ったり、寄りかかったり出来る。












頂上稜線に入ると視界はほとんど無く、右手になる雪稜のコンタクトラインを気にしながら登る。

頂上も視界なし。

ピッケル手前の鉄パイプはベルグラが張り付いている。








下山13分後に視界が広がる。

壮瞥ルートとの分岐に下りたところで、先週と同じように思案・・・。

現在12時50分。

帰路を羅漢岩稜線に取る。







ここまで雪量の少ないブッシュ帯では雪面が薄く、踏み抜きが多かった。

○印のところは例年氷化した雪壁だが、今年は段々畑のように起伏があり、上り下りし易い。










抜け口向こう側の草付き斜面が露出しているのは初めて。

例年は厚い雪壁になっている。











羅漢岩稜線を振り返る。

稜線歩きに入ると空はドンヨリになったがその分写真が綺麗に取れる。











1003Pから壮瞥ルート出合まで、やはり雪深かった。

取り付きを登別ルートに変えて正解だった。











しかしその分、車までトンネル歩きがあるわけで・・・。

丁度真ん中に標識があったのでカシャッ。














先週と今週で壮瞥ルートを往復したが、やはり積雪量が少ない。

このまま春になってしまうようだ。


次週は所用のため山行きは休みです。


<< 2週間ぶりのオロフレ山は春の気配 | ホーム | エスケープ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム