FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

2週間ぶりのオロフレ山は春の気配


今日は天気が保障されているようなので壮瞥ルートに向かう。



壮瞥ルートにも登別ルートと同じようなアーチがあった。

昨年までは右手を登ることが多かったが、今年は積雪状態の関係でやや左にルートを取っている。

クラスト期待でツボ足で登ってきたが、踏み抜きがあるのでこの斜面を終え、尾根に上がったところでワカンを履く。






1003ピークから着雪の少ない羅漢岩と結氷したクッタラ湖。













小岩峰尾根のちょっとした下りで片足を踏み抜く。

焦るとアリ地獄になるので落ち着いて這い上がる。

垂直の岩に沿って出来た隙間が穴になっていた。(ベルクシュルント)

どう見ても3mの深さがあり、身体ごとスッポリだったら這い出すのが大変。(小岩峰で一度経験がある)






頂上稜線の登りに入ると、10cm厚さの表層でワカンが滑るのでツボ足に変える。

そして下を見るといつの間にか二人組が後続して来ていた。










久し振りに視界の利く頂上。

ひょっとしたら今シーズン初めてかも知れない。












頂上稜線を半分くらい下りると、ケルン平の向こうを登ってくる人がいる。(ズームなので近くに見える)

後続していた2人組みは1062コル(頂上稜線下部)で引き返し、小岩峰尾根に姿が見える。

この単独者も行き交った後、どうするのかなあ~と思いながら、帰路の羅漢岩稜線から見ていると、1062コルでUターンした。

二組とも大曲ルートから来たようだ。単独者が頂上に行くには時間が遅すぎると思っていたが・・・。





小さい山だが良い山だ。
















今日は午前中気温が高く、午後から急に冷えてきた。

このため往路に付けたトレースが、帰路崩れることなく使えて助かった。




<< 天候が安定し出したオロフレ山 | ホーム | 登別ルート→壮瞥ルート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム