FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

天候が安定し出したオロフレ山


今日の天気予報(3時間毎)は晴れ気味の中、午後に雪マークがひとつ?

これが下山中、見事に当たった。

30分ぐらい風雪が身体に吹き付けバリバリと凍り、冬並みだった。

その後は静かになったが。




快晴の中、壮瞥ルートを予定してオロフレに向かう。














出合の沢状斜面を直上して尾根に出る。

例年だと一枚の尾根(斜面)だが、今年は積雪量が少なかったのも影響してウネっている。











1003Pに着いて左前方を見ると、3人パーティーが頂上稜線下部を登っている。

9時のゲート開門後に登別ルート、大曲ルートから入ったとしたら時間的にありえない。

カルルス温泉駐車場に車が1台あったので、ゲート開門前に車道を歩いて入山したと思われる。

後で丁度、画像の場所で行き交ったので聞いてみるとやはりそうだった。




そして後続する2人パーティー。

羅漢岩稜線を歩いているとき、小岩峰基部にいたのを見ていたので、登別ルートから入山と推測。











頂上に着くと視界は無し。頂上だけスッポリ雲の中という、いつものパターン。

先行していた2人組みが見当たらない。

スキーで東斜面を滑降した跡があったので下のほうに居るようだ。

ただ、上がってくる気配がなく時折、会話している声と何か木を叩くような音が聞こえてくる。

雪稜沿いを下りながら、目を凝らしてずーっと下の樹林帯を見るが人影は見えない。

壮瞥ルートを下山しながら振り返って見ても下りている雰囲気が無かったので、泊まりかな?。


先週、踏み抜いた場所が危険なので、此処を通らないように木を刺しテープを付けておく。






















先週、今週と午前中は春らしく午後になると冬のような天気。

雪が腐れてくる時期にはまだちょっと早いようで、さすがに3月の山だ。




<< 4月ですねぇ~ | ホーム | 2週間ぶりのオロフレ山は春の気配 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム