FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

4月ですねぇ~



昨日、今日ともに朝、窓から外を見ると日が当たれば融けそうな雪がとうっすら。

オロフレは新雪が積もったかな?と思いながらいつものように向かう。





オロフレトンネルに入るまでに、4つの覆道がありこれは4つ目。

これを抜けた右側の小さな沢が登別ルート出合。

正面の雪面の上が展望台(夏の登山口)になる。










今日の写真はこれが唯一まともで、他は白飛びが酷くてまともに写っていなかった。



新雪ラッセルの可能性が高いので今日は登別ルートから入る。

雪が吹き溜まった所は膝くらいあったが、吹き払われた部分はクラスト気味で快適にツボ足で登る。

小岩峰に着いて羅漢岩稜線を見ると単独者が歩いていた。

ズームをかけ4枚撮った中で、陽が陰った時のこの1枚だけ少しまともだったが、人は写っていなかった。




先週、テープを付けた場所の陥没穴は、ほぼ埋まっていた。

帰りに、分かり易いよう穴を広げておいた。


















1062Pの肩でいつものように休憩しているうちに、廻り込んでコルに抜けた単独者が先行していた。

Wストックとスノーシューでガシッ!ガシッ!と力強く登って行く。










頂上手前で下山してきた単独者と少し立ち話。

札幌から来た方で「オロフレ山は良い山ですね」とも。

首からぶら下げた重そうなカメラで写真を撮りながら下って行く。








帰路、羅漢岩稜線に向かう単独者。(スコップとピッケルがザックに括り付けてあった)

小岩峰尾根で追いつき、分岐で壮瞥ルートと登別ルートに別れた後の一枚。












今日の入山時の気温は-4℃。

先週、先々週とは逆で、昼から気温が上がり気味で雪も重くなってきた。

今年はガチッとしたクラストに当たっておらず、このままアイゼンを履かないうちに春になってしまいそうだ。



<< 夏は幼稚園児でも登れるオロフレ山 | ホーム | 天候が安定し出したオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム