FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

低温気味の中オロフレ山へ



昨日は朝から昼過ぎまで雨が降っていた。

そして今日の朝は低温。

山はどうなのかなぁ~と思いながらカルルス近くに来ると、若干の新雪が道路脇に見られる。

車を走らせる途中、登別ルート出合を見ると、ブッシュの露出が多くなっており、そろそろ終盤の模様。





壮瞥ルートから入山。

すごく登り易い硬さのクラストで、靴のつま先、アウト、インのステップが小気味良く切れる。











2週間前に比べ雪融けが進んでおり、羅漢岩稜線、小岩峰の尾根沿いはブッシュ帯の踏み抜きが多いため、雪の多い部分を選んで歩く。

1062P経由の冬ルートは既に終わっていた。

あと一月半もすれば咲き出すシラネアオイ群生地の、1062Pを廻り込む夏道を行く。







オロフレ山で一番先に雪が融け出す頂上稜線の三角鉄板岩の下部。

岩混じりで斜度があるため陽に反応しやすく、市街地からもおぼろげに見える。

下から見て、黒い部分が増えたら「融けたな」白くなったら「降ったな」と判断できる。







頂上の雪も30cmくらい減っていた。

今日(今)は強烈な風で、足を踏ん張っていないとグラつく。











羅漢岩B沢左股の抜け口。

この2週間で上部の雪壁も融け落ち、笹の壁になっていた。














GWウィーク前に時間帯通行規制が解かれるので、再来週以降は早朝入山ができる。

朝早いうちに快適なキックステップで登りたいものだ。帰路はズボズボ埋まるのだから。




<< 今日で9時入山終了 | ホーム | 夏は幼稚園児でも登れるオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム