FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

早朝登山の始まりです



昨晩は少しの雨と強風が吹いていた。

昨日、カルルスゲートの時間規制が解かれたはずなので早朝登山に向かう。

小雨模様で風はほとんど無い。





車道は強風のため小枝が散乱しており、オロフレトンネル近くに来ると、アイスバーン状態。

今週、夏タイヤに変えたので、神経を使いながら走り、トンネル内の駐車帯に車を置く。

そして登別ルートに取り付く。





画像は下山したときに撮ったもの。


いつものルートは笹が露出しているので、最左の沢を登る。

冬場は危険なので入らないが、今時期は快適に登れる。

しかし、新雪が溜まっている所以外はアイスバーン。

ストック使用ならアイゼン必携。
アイゼン無しならピッケル必携。

装備、服装は冬山仕様のままだが、先週までザックに入っていたアイゼンを今日から外していた。

かなりの後悔!と反省!

抜け口の稜線に着く。

小雪が降り始め、アイスバーンの上にうっすら雪が乗っかり出した。

帰路の下りは太陽が出るか、温度が上がって、カガトで踏み込みが出来ることを期待。








頂上は先週と変わらない積雪量。

登ってきたルート全体が完全クラストしており、U字形に深く掘られた、頂上稜線の夏道の上を歩かなければ、踏み抜きは一切無かった。










下山途中の沢の中に、垂直3mくらいの氷化した雪壁があったので少し遊んでゆく。

固くて蹴り込みは利かないので、ピッケルでカッテング(昔バケツを掘ると言った記憶が?)しながら階段を作って登る。

現在の時刻8時04分。

先週までは、自宅で山に行く準備をしていた時刻だ。












登別ルート出合から道路に下りると、少し緩んだアイスバーンの上に新雪が積もっている。

車を走らせ、時速20km?10km?くらいでブレーキを踏むとABSが作動する。

道路に雪が無くなる所まで慎重に下った。











今季、唯一アイゼンを使用しなければいけない日が今日だったとは。

昨晩の強風と低温の早朝登山を甘く見ていた。

アイゼンがあればスタスタと快適だったのに・・・。

低山とはいえ、1,231mのオロフレ山は警鐘を与えてくれる良い山だ。


5月1日(日)は山行きを休みます。





<< しつこく雪と戯れオロフレ山 | ホーム | 今日で9時入山終了 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム