FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

猩猩袴が三つ



今年の春の天気は、一日おきくらいに晴れたり曇ったり。

晴れれば暖かいが、雨が降ると寒く、今のところ昨年のように低温ぎみの傾向になっている。

今朝は曇りがちだが、雨の心配はないと思われる中、オロフレ山に向かう。




トンネルを出て車の中から壮瞥ルートを覗いてみると、出合い付近の雪渓が細くなっているため無理せず夏道ルートに向かう。


幹線からゲート側の道路入口は、雪が融けているので駐車OK。













ゲート付近はまだ50cmくらいの残雪。














展望台までの2.5km区間の積雪は0m~2.5mと様々。

今年は壮瞥ルートもそうだったが、凸凹の波打つような雪の積り方が特徴。

積雪が少なかった上に風が強いとこうなるのかな?と思う。







展望台(登山口)から顕著に現われてきた夏道に入ると、雪の重みでお辞儀している木々が多い。

1003P近くで夏道から外れ、雪面を直登して稜線に出る。










夏道からB沢右股を覗く。

気温が低いので氷のガリー状になっている。

落石があった場合、逃げ道がないほど狭い。










1062Pの下を巻く夏道もだいぶ出てきた。

シラネアオイの群生地になるのももうすぐ。












頂上の鉄パイプが見える。

今週も頂上稜線の土が露出した夏道は歩かず、平行して残っている雪稜を登ってきた。

来週は笹薮になっていると思うので、今週が最後。









頂上板看板も、にゅーっと顔を出してきた。














下山に入り三角鉄板岩で一服。

一服と言ってもタバコは16年前に止めているので、熱いお茶を飲むだけ。

天気は青空が一時見えたが、気温が低い曇りで、樹氷の氷が融けないまま張り付いている。








時間に余裕があるので、つい寄り道をしたくなる。

で、小岩峰の岩の上に登ってみる。

山神と書いてある石碑。

南東向きのこちらは春で、北西向きのあちらは冬の様相。







羅漢岩稜線で、「第一村人発見!」じゃなく「第一ショウジョウバカマ発見!」

このそばにも二つの蕾があった。














今週から頂上に行くことの出来るルートが、夏道のみになった。

ゲートの近くまで下山すると、3人組(男1、女2)の中高年が歩いてきた。

私が登っていた時間帯は氷点下だと思うが、青空が広がってきたので気持ちの良い山登りが出来ることだろう。




<< 穏やかな春のオロフレ山 | ホーム | しつこく雪と戯れオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム