FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

穏やかな春のオロフレ山



相変わらず一日置くくらいに晴れたり雨が降ったりという天気です。

今日の天気予報は週始めに晴れ、中で雨、昨日は雨から曇り。

結局、日中は晴れ(平地)。

早朝のオロフレ山は雲にスッポリだったが、頂上に着く頃には風で雲がガンガン流され視界が
広がった。




先週、50cmほど有った雪がすっかり消えていた。













しかし、展望台までの道路である所には有る。

昨年は極端に多かったが、今年は例年並の残雪。












1062コルに来たら、単独者が頂上稜線下部を下山してきた。
朝、私がゲートを出発してすぐに、小さなバッグを腰に巻きジョギングシューズで追い抜いていったトレランの若者。
ここを下りたら来馬岳にも行くそうだ。
冬登山靴(片方1.1kg)、ロングスパッツ、ザック、ピッケルの準冬山装備の私とは隔世の感があり。
帰路、ここまで下りて時間をみたら1時間の差があった。



先週は地面が露出した登山道を登らず、ほとんど雪稜を利用したが、今日は登山道だけが登路になっていた。

頂上の積雪はゼロ。









羅漢岩稜線の登山道は、先週3つだけだったショウジョウバカマが沢山咲き出している。

その中で、この1つだけが白く咲いていた。










下山して車に着きザックを降ろすと、雨ブタとの間に挟んでいた冬兼用のレインウエアの上着が?

頂上稜線の三角鉄板岩で休憩した後、軽く差し込んだためどこかで落したらしい。

3年目のゴアのノースフェースなので探しに戻る。

途中行き交っていた登山者が、1003P手前の木の上に置いてくれていた。







先週、今週と下山途中で一組二組の登山者と行き交うことが多くなってきた。

6月に入ると団体さんがドドッと押し寄せてくることになる。


5月29日(日)予定のオロフレ山行きはお休みします。


<< 冬期オロフレ山が終了です | ホーム | 猩猩袴が三つ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム