FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレに何種か花が咲き出した

2012年5月20日

オロフレ峠の夜間通行止めは継続中(19時~7時)

朝7時を待ってからオロフレ山に向かうには時間が勿体無いので先に来馬岳へ。

5時20分入山。


来馬岳

登山道3、4合目のゲレンデはGW後半の大雨で、ガレによって綺麗に整地されてしまった。
踏み跡が消されているので好きなように登るしかない。
DSCN4247.jpg


5合目手前のゲレンデ終了点。
2週間前、枝にぶら下げた落し物(ネックウォーマー)。その時は積雪2m近くあった。
DSCN4233.jpg


7合目上から雪の融けた登山道ではなく残雪側を直登。
頂上直下で切れたため少し笹薮を漕いで夏道に合流。
DSCN4242.jpg


今日の頂上は風も無く暖かい。
DSCN4245.jpg


オロフレ山

展望台ゲートから展望台までの車道2.5kmで雪を被っているのはこの辺りだけになった。(展望台手前のカーブ)
DSCN4252.jpg


シラネアオイの群落地にその芽はまだ出ていない・・・・・・と思う。
DSCN4256.jpg


暖かい頂上だが展望が悪いので即折り返し、三角鉄板岩にてゆっくり休んでから下山。
DSCN4257.jpg



今年は融雪が早いので展望台ゲートの開門が早まりそう。

開通後にシラネアオイの最盛期が始まるため、ツアー登山の団体がドドーッと押し寄せるだろう。

<< 来馬岳は花一面 | ホーム | 今週も来馬岳とオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム