FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

来馬岳と橘湖

来馬岳を登った後、橘(たちばな)湖に行ってきました。
橘湖は「知る人ぞ知る」訪れる人が少ない小さな湖で、カルルス温泉入口から
40分ぐらいで行ける神秘的な湖です。


来馬岳
先週と似たような天気ですが、晴れるのは午後からと思います。


07.07.01DSCF0001 (4-1).JPG5合目手前の看板の横に咲いていた花です。(名前は調べたんですがよく分りません)


















07.07.01DSCF0001 (1-1).JPG視界は200Mくらいでしょうか。

晴れる見込みが無さそうなので直ぐに下山です。

















07.07.01DSCF0001 (6-1).JPG一面マーガレット畑です。

野に咲く花でもあるとWeb検索で知りました。



















橘湖

シーズン的には秋の紅葉の頃がブッシュが少なく快適と思います。
橘湖の簡単な紹介は橘湖の概要からどうぞ。


07.07.01DSCF0001 (52).JPGカルルス温泉の入口に今年の春に看板が立ちました。

昨年までは一切、標識らしきものはありませんでした。
















07.07.01DSCF0001 (48).JPG砂利道を上がって直ぐ登山口です。



















07.07.01DSCF0001 (46).JPG草が少しかぶっていますが問題ありません。



















07.07.01DSCF0001 (44).JPG少し行くとこのような笹がかぶったところがあります。

ハイカーであれば引き返すかも知れませんが、強引にかき分けると直ぐに開けます。















07.07.01DSCF0001 (37).JPG枝道には分りやすい標識があります。



















07.07.01DSCF0001 (15).JPG標識です。




















07.07.01DSCF0001 (40).JPG平らな歩きやすい登山道が続きます。



















07.07.01DSCF0001 (28).JPG開けた緩やかな坂道を九十九折に3~4ヶ所で一番高いところに到着します。

下り5分ぐらいで湖が見えてきます。















07.07.01DSCF0001 (27).JPGこちらのコースからは全景を撮れる唯一の場所と思います。



















07.07.01DSCF0001 (19).JPG陽が射すとなかなか色あざやかです。



















07.07.01DSCF0001 (23).JPG画像では広く見えますが小さいです。

<< 来馬岳 | ホーム | 雲海 2007年6月24日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム