FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日もMy登山 来馬岳~カルルス山

2012年7月8日

今日も雨の心配は無さそう。
さすがに夏という感じで、家を出る時の空気は暖か。



ゲレンデの標高400M以上は、ガスで覆われている。
2012-07-08_04-56-14.jpg


5合目下のゲレンデ内登山道の終了点。
標高700M以下は雲の中。
平地はガスって無かったので、標高400~700の間、厚さ300mで雲海を造っている。
2012-07-08_05-48-54.jpg


頂上に来てみると雲海は太平洋側だけで、内陸方面は霞がかっている。
2012-07-08_06-39-08.jpg


カルルス山頂上(1075m)標柱の裏。
2012-07-08_07-57-34.jpg


展望が無いカルルス山頂上から折り返し、この大岩に腰を下ろして休む。
手前P1043と来馬岳(1040m)
稜線で一番低い来馬岳が一番高く見える。(オロフレ方面からもそう見える)
2012-07-08_08-07-30.jpg


あちこちのサンカヨウに実が生っていた。
2012-07-08_09-22-50.jpg


今日も暖かく気持ち良さそうなので、ザックを枕に昼寝(朝寝?10:10~10:40)をしてゆく。
先週と同じく熟睡20分。
2012-07-08_10-09-58.jpg



来馬岳からの下山は風が止まると蒸し暑かったが、早朝の登りと稜線歩きは少しの風で涼しかった。
とはいえ終始ビッシリと汗を掻いたが。

<< 太平洋側は涼しい夏を継続 | ホーム | 来馬岳⇔カルルス山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム