FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

来馬岳

今日は来馬岳です。
晴れと雨(霧雨・曇り)が1週間毎に切り替わるような7月です。
昨日までは暑く、今日は涼しくと一定しません。
これが登別を含めた太平洋側の特徴と云えます。


↓↓クリックで拡大
登山口にあるルート図です。

登山道(登山時間も含めた)の半分はサンライバスキー場のゲレンデ登りです。

ファミリーコースを登り、第一リフト終点で右に入り、ダイナミックコースを直上しますが、間違って通行止め方面に行ってしまう方が結構いるようです。途中からパノラマコースに合流するも、登山道は無く草付き斜面を登ることになります。








DSCF0049.JPG第一リフト終点までの中間地点ですが、ガスで視界がよくありません。

100Mくらいの視界です。

















DSCF0049.JPG途中の書き込みを省いてアッという間に頂上です。

標準で登り1.5時間の山ですが、私は平均2時間ぐらいでいつも登っています。

頂上の天気は青空も垣間見え、風も無く暖かですが、時々ガスが下から湧いてきます。

20分ぐらいのんびりしてから下山です。









↓↓クリックで拡大
ダイナミックコースの中間まで降りてきました。

カルルス温泉街の建物が見えます。













天気が良くなってきたので第一リフト終点の板の上で日光浴をしていましたが、10分もするとガスが湧いてきて肌寒くなってきたので下山しました。

<< 晴れを期待して来馬岳 | ホーム | クッタラ湖へウォーキング >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム