FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その七

2013年3月11日(月)

2003年4月13日 6日目

昨日の40.5km舗装道路歩きで、朝になっても足はパンパン。しかし歩き出すと不思議に張りは無くなる。
前夜、朝食をお断りしておいて早朝出発。宿の横から左右にミカン畑が広がっている急な簡易舗装の山道を登り20番鶴林寺へ。

03041307040046.png
7時頃に着くと人影はなく、凛とした静けさだけが漂っている。














21番太龍寺は着いたと思ったら本堂まで長々とした舗装道を歩かされた記憶がある。
また無断借用ですがこんなルートになります。

四国遍路の難所(遍路ころがし)は自分のペースを持っている登山経験者にとってキツイものではない。しかし20年以上まったく登山をしていなかった私にはそのペースがなかなか掴めない。

03041313300048.png
特に整備された階段状の山道が私にとっての難所になってきた。

03041313420049.png
21番太龍寺から22番平等寺の中間にある大根峠は竹林と杉林の細い山道で、落ちた杉の葉がクッションとなって最高に気持ちの良い歩きだった。

今日の宿は22番平等寺の横にある「民宿山茶花の宿」。ここの若い女将さんが明るい世話好きな方だった。併設した喫茶食堂で夕食。今度は旦那さんが面白い方で強引に酒を勧めてくる。私は飲めないので困ったが、坂本龍馬のようなガチガチの生の土佐弁(徳島弁?)が渋かった。

明日、打つ予定の23番薬王寺まで20.7km。そこから次の札所24番最御崎時までは75.7km合わせて90.6kmの室戸岬まで延々と続く国道歩き。
どう区切り、宿をどう取るか寝る前の予習で頭を悩ます。結果的に40数キロの2日行程にしたが、それが足に負担をかけることになってしまった・・・

<< 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その八 | ホーム | 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その六 >>


 ホーム