FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ14年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

春本番のオロフレ山

2013年4月14日(日)


今日の天気予報では昼から雨が降ってくるらしい。
午前中が勝負と思うので、登別ルートから入る予定。


無題
カルルス温泉手前の道路からズームアップ。
2週間前から比べると羅漢岩のリッジが黒々してきた。
本峰は白く見えるが、今日実際に登ってみるとかなり黒い部分が多かった。

2013-04-14_09-42-02.jpg
雪崩の心配が無くなった登別ルート左側の沢を詰める。

2013-04-14_10-38-18.jpg
下から白く見えた頂上稜線中間部は、1062Pから見ると結構黒い。

2013-04-14_11-15-22.jpg
頂上は春特有の南西の風強し。
登別ルート出合からほとんど足首くらいのステップで登って来られた。
ゆえに画像ファイル名の通り、現在11時15分22秒。
冬ならば早くて1062P辺りの時間帯である。

2013-04-14_12-06-08.jpg
小岩峰基部の分岐点まで下りて、時刻が12時06分。
まだ天気が持ちそうなので、壮瞥ルートを下山することにした。
車まで、オロフレトンネル内を歩くことになるが、それもまた良し。

2013-04-14_12-32-12.jpg
アップダウンを終えて羅漢岩、オロフレ山を振り返る。

2013-04-14_12-51-20.jpg
壮瞥ルート出合に下り、オロフレトンネルに入る。
入口から両サイドに吹き溜まりが凍っている。
雪が消えた途中から、一段高くなった幅70cmの歩道を歩く。

2013-04-14_12-58-20.jpg
中間地点。
トンネル内に灯があることはあるが、3ヶ所くらいは真っ暗で足元も見えない。
ホワイトアウトじゃなくて、ブラックアウト?状態。
今、併記している四国八十八ヶ所歩き遍路で、何十ヶ所も色々なトンネルを歩いた経験あり。なのであまり苦にならない。


今日は気温が高かったが、陽が差さず風が強かったので、雪が腐れることなく歩き易かった。
低山は春本番の残雪期になって来た。


<< 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その十八 | ホーム | 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その十七 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム