FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その十九

2013年4月20日(土)

2003年4月25日 18日目

さて、今日は38番金剛福寺を打った後、次の39番延光寺まで、ルート取りに3つの選択肢がある。
もっとも多く利用されるのは下ノ加江まで戻って三原村~39番延光寺。
次に距離は長いが平坦な西海岸をぐるっと回って竜串、大月経由で39番延光寺。
三番目に一番人気の無い今ノ山を越えて三原村~39番延光寺。

今ノ山安宿→足摺

昨日の夕食時、旅館安宿のおやじさんに色々助言されたが、考えた末に三番目を取る。
同宿した4、5人は打ち戻って来るとのこと。

今日の宿泊地は明後日の山越えのため、41km先の土佐清水とした。


大岐海岸03042506350095.png大岐海岸に来ると朝早くからサーファーが。(06:35)







足摺岬手前足摺岬前後の道路は南国の草木が覆いかぶさり、まるでジャングルの中を歩いているようだった。








足摺岬ジャングルを抜けると足摺岬到着。
そばに38番金剛福寺。







03042510540097.png03042510550098.png


03042512550101.png03042512530100.png
足摺を離れ、何処か思い出せない民家の間を歩く。(時間的に土佐清水の松尾あたりか?)
中の浜のジョン万次郎の生誕地を抜け土佐清水市に向かう。

民宿はやかわ今日の宿、土佐清水越前町の民宿はやかわに着く。一階が食堂で感じの良い民宿だった。









歩行距離 41km

<< 午前中、春の陽が差したオロフレ山 | ホーム | 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その十八 >>


 ホーム