FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

午前中、春の陽が差したオロフレ山

2013年4月21日(日)


風が強くなく、陽が差しているので先週のように快適に登ることは期待できないが壮瞥ルートに向かう。


カルルス温泉駐車場から見る羅漢岩ルンゼの雪の量は昨年とほとんど変わらない。

       2013.04.21                2012.04.22

2013-04-21_09-24-16.jpg
駐車公園で車を降りた4人パーティーが壮瞥ルートを後続してくる。

2013-04-21_10-04-46.jpg
赤丸の部分だけクライムダウンで下降。
4人はアイゼンを取り出しているようだ。

2013-04-21_12-02-10.jpg
いつもの垂直気味の場所で、ピッケルを刺してもスカスカなので右手から登ろうとして4mほど滑落した。
落ちながらピッケルを押し込んで止まったが、使用していなければ何十メートルか滑っていたと思う。アイゼンは装着していない。
後続していた4人の目の前で落ちたのでビックリさせてしまった。
写真は下山時に撮ったもの。

2013-04-21_11-45-12.jpg
北西方面から天気は下り坂、の頂上。

2013-04-21_11-46-06.jpg
4人パーティーも追っかけ到着。



4月26日でカルルス温泉ゲートの冬期時間規制が終了。

次週から早朝入山になるので、朝だけ、固い雪面を快適に登ることが出来る。

<< 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その二十 | ホーム | 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その十九 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム