FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

猛暑だけど来馬岳

湿気を伴った気温の高い日が続いていましたが今日はカラッと晴れそうです。
朝方は涼しさを感じながら登山道に入りました。
草付きの中を歩くたびにバッタがバタバタと飛び跳ねます。
暑いとはいえ、足元はそろそろ秋の気配でしょうか。
自宅からカルルスまで車の窓を全開で走っていると、林の中から蝉の鳴き声がうるさいくらいでしたが、少し標高が上がるとこんなにも違います。


DSCF0002.JPG30分も歩くと気温上昇が体感されてきます。

第1リフト終点から見た加車山です。
オロフレ峠に向かう右手に見えるピークですが登山道は無く、積雪期(残雪期)に入るしかありません。
細い木立の密集している所が多いので、スキーには適さずスノーシューのルートです。










DSCF0002.JPG陽が射すゲレンデ内の登りは暑さでハーハーですが、5合目から木陰で風がある場所では爽やかで、秋が少し感じられます。
しかし、日当りの道になると真夏に戻ります。
それを繰り返しながら頂上まで20Mの所に来ましたが、ガーンと太陽が照っている頂上には行く気がせず、ここの木に腰を下ろし、しばしの休憩です。









ところで、今日もウグイスが鳴いていました。
春の鳥と思っていましたが、残雪期から真夏まで長期間活動しているんですね。
雨が降った先週より少し元気が無かったようですが鳴き声が聞こえるのはいつ頃まででしょうか。


DSCF0002.JPG頂上です。

今日のオロフレ頂上には終始、次々と雲が流れていました。


















DSCF0002.JPG7合目から6合目の馬の背の北側の道です。

画像では日当りが良くみえますが、実際は年中日陰の平坦な道で北風も強く、夏涼しく、冬寒い場所でもあります。















DSCF0002.JPGカエルがピョンと飛んできたので一撮。

雨の多い地域なので住み易いと思いますよ。
















↓↓クリックで拡大
↓↓クリックで拡大
第1リフト終点下を横断している林道の両側に咲いています。

マーガレットが終わる頃に咲き出しました。

少々、どぎつい感じがする花ではありますが、マーガレットと同じく集団で咲いています。







来週には夏の終わりを告げた、暑いけど涼しい山になっていると思います。
さあー、温泉にゆっくり浸かってから帰宅です。

<< 野鳥 | ホーム | 晴れを期待して来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム