FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その二十四

2013年5月9日(木)

2003年4月30日 23日目

大洲から12.5kmで内子に入ったが知識不足のため、古い町並みを通り抜けながら、名所旧跡や大江健三郎の生家などは素通りしてしまった。


大洲から28km来た突合分岐でしばし悩む。
Google Earthで見る現在の突合はバイパスが出来て様変わりしている。


1-3.jpg
44番大宝寺→45番岩屋寺の順打ちだと、同じ道を戻る“打戻り”の場面が出てくる。
遍路地図の上で重ならないルートにマーキングし、45番→44番の逆打ちに決定する。


国道390号線小田町からは道路工事をあちこちでやっている山の国道380号線をひたすら歩く(登る)。
歩いている様子が疲れて見えたのか突然、通りすがりの車の中から『頑張れ!!』と言う男の声が・・・。



一日一枚は撮っていた携帯写真が、4月29日~30日は無し。

旧富士旅館大洲から48.7km歩いて富士旅館に到着。

Google Earthで見ると、現在は看板が福祉施設の名称になっており、旅館は廃業したようだ。





歩行距離 48.7km

<< 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その二十五 | ホーム | 春が一休みのオロフレ山 >>


 ホーム