FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その二十五

2013年5月11日(土)

2003年5月1日 24日目

富士旅館~岩屋寺~太宝寺~富士旅館を出発して分岐の河口から県道209号線を行く。

昨日と同じように久万高原の山奥道路をひたすら歩く(登る)。





03050107080107.pngこの景色は、時間的にみて、うーん・・・何処だろか?(07:08)















県道209-日の出橋日の出橋から右に折れ、45番岩屋寺に向かう。看板に5.2kmと表示されている。


【といっても、あくまでGoogle Earthの写真を参考にしているわけで、当時の記憶があるわけではない】


岩屋寺 古岩屋荘岩屋寺には、苔むした石に滑りながら、裏側から着いた。

打ち終わってから、コンクリの道と階段を、結構な距離下る。
車(バス)利用のお遍路さんたちが、下から大勢上がって来るが、大変そうだ。

下り終わってから川沿いの細い道を上がって行く。
国(県)道に出て、古岩屋荘を左に見ながら歩いて(登って)いると、前から来たオバサン一人遍路が「岩屋寺はまだですか~!!」

「もうすぐですよ~!!」そうとしか云えない・・・


市町村合併前の久万町(現:久万高原町)の44番太宝寺を打ち、国道33号線を三坂峠へ向かって進む(登る)。


1-3.jpg1-3.jpg3-11.jpg
峠からは細い急な山道を駆けるように下り、集落が見えてくると棚田も現われてきた。

長珍屋
46番浄瑠璃寺を打って、向かいにある団体さんで超満員の長珍屋にチェックインする。



歩行距離 39.1km

<< 雲海のオロフレ山頂上 | ホーム | 『四国八十八ヶ所・歩き遍路スタンプラリーの旅』 その二十四 >>


 ホーム