FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

野鳥

私のニックネームはKAWARAHIRA(カワラヒラ)ですが、我が家の野鳥用餌台にヒマワリの種、木の枝にりんごを挿して置くとここ数年、春先に何種類かの野鳥が訪れます。

DSCF0002.JPGカワラヒラ

いつも5~6羽が来て上手に種の中身を食べる姿を見せてくれます。
時には朝早くから電線の上で待っていることさえありますが、ヒマワリの種を与えるのは春のうちだけです。
現在でも時々電線の上でビービーと鳴いていることがありますが無視しています。
鳴き声はコロコロと可愛いい時とビービーとやかましい時のふた通りがあります。


DSCF0002.JPGアカゲラ

一度だけ雌が来ましたがきれいな鳥です。




DSCF0002.JPGシジュウカラ

ヒマワリやりんごを食べるところは見たことがありません。
動作が機敏ですぐいなくなります。


DSCF0002.JPGツグミ

頻繁には来ないので特徴にあまり記憶がありません。




その他、今まで我が家に来た野鳥です。

イカル
キレンジャク
ヒレンジャク
コムクドリ
ハラツグミ
シメ
ヒヨドリ


キレンジャク、ヒレンジャクは年に1~2度集団で来て、喧嘩しながらガツガツりんごを食べて、サーッといなくなります。

ヒヨドリはギー、ギーと鳴き声がうるさいのですが必ず夫婦で来ます。

シメは頭がツルッとしており、顔は歌舞伎役者みたいで、気が強くいつもカワラヒラを追っ払ってヒマワリの種を食べています。

鳥が来たときは直ぐに特徴を絵に描き、忘れないうちに北海道の野鳥のWEBサイトで検索します

<< ウォーキングとカムイヌプリ | ホーム | 猛暑だけど来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム