FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

雪融けが遅いオロフレ山

2013年5月26日(日)

家を出てからオロフレトンネルに入るまでは曇り空。
トンネルを抜けると壮瞥側はほぼ快晴に近く、白老、登別の上空にだけ雲海が被さっている。


2013-05-26_05-15-04.jpg
壮瞥ルート取付きの沢は、割れてブリッジ化している。
少し登ると沢の水音も聞こえなくなり、沢に詰まった雪渓を快適に登る。

2013-05-26_06-02-40.jpg
羅漢岩稜線A沢抜け口から、先週下山ルートに取った廃道を見る。

2013-05-26_06-15-12.jpg
先週、登山道に一個だけあった蕾の猩猩袴(ショウジョウバカマ)が、今週は20個くらい花を咲かせていた。

2013-05-26_06-31-02.jpg
オロフレで真っ先に雪が融ける頂上稜線は、一部を除いて夏道モードに入っている。

2013-05-26_07-07-28.jpg
頂上稜線から車を停めている、駐車公園を望む。

2013-05-26_07-08-02.jpg
家に帰りPCに落とすと、私の車が見えていた。

2013-05-26_07-31-06.jpg
頂上看板はまだ頭を出していない。
鉄パイプ周辺の積雪が60cm。

2013-05-26_07-38-32.jpg
上りと下り。

2013-05-26_09-04-22.jpg
1003Pから展望台(夏道登山口)に下り、テーブルで休んでいると一人の登山者が霧の中からにゅーっと現われる。
ストック無しの長靴姿で通り過ぎていったが、雪面のトラバースに木の枝を絶対に使うだろうなと思いながら見送った。

下山は駐車場向こうの沢に入り、壮瞥ルート出合まで下った。



今の時期は一週間で60~80cmの雪融けも普通なので、来週には頂上の雪もほとんど無くなっているだろう。

展望台ゲート5月26日 【5/28追加】
2013-05-26_09-32-48.jpg

<< 白根葵が咲き出したオロフレ山 | ホーム | 廃道を下って羅漢岩を正面から >>


コメント

Re: 6月1日のオロフレ山

こんにちは。今年の残雪状況は3年前の2010年に似ています。
登山ルートはゲートからの夏道ルートのみになりました。
ゲート前は5月26日時点で、駐車するのに支障はありませんでしたよ。
花が目的ならちょっと早いと思いますが・・・。

>この2月に、ばんけい温泉側からオロフレ山に行きました。
ブログ拝見させていただきました。スキーを使わない私にとって羨ましい限りです。

【展望台ゲート前の写真を追加して載せました。】

6月1日のオロフレ山

3年前の5月に狩場山の帰りにオロフレ山の山中で遭遇し、立ち話をさせていただいた者です。この週末、6月1日に、4人でオロフレ山に入る予定です。ゲート側から入ることを想定していたのですが、残雪、どんな状況でしょうか。あるいはほかのルートを考えたほうがよいものでしょうか。この2月に、ばんけい温泉側からオロフレ山に行きました。立ち話の時、そんなことも考えているうようなことを話した記憶があります。いい山だと痛感した次第です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム