FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ14年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

白根葵が咲き出したオロフレ山

2013年6月2日(日)

早朝の霧模様の中、オロフレ峠に向かう。
標高700mを越えると青空が一気に飛び込んできた。

2013-06-02_05-15-22.jpg
展望台ゲートの前に雪は無し。

2013-06-02_05-26-06.jpg
日当たりの良い道路に残っている雪は、数日のうちに融けるだろう。

2013-06-02_05-45-36.jpg
しかし展望台手前のここだけは最後までしぶとく残る。多いところで2.5mくらいはありそう。
ゲート開通予定日の6月14日までに融けるかな・・・?

2013-06-02_05-55-10.jpg
入山時スッキリしていた雲海が霞んできた。

2013-06-02_05-56-34.jpg
登山道入口に雪は無し。
先週まで正面の1003Pから登山口まで、雪渓を直線的に下りて来られたが、もうダメ。

2013-06-02_06-12-38.jpg
A沢上の登山道脇にシラネアオイ。
先週は葉っぱさえも無かったが・・・。

2013-06-02_06-21-40.jpg
来馬岳の頂上からのほうが雲海が綺麗に見えると思う。

2013-06-02_07-18-08.jpg
頂上直下に花開いた白根葵。
1062P斜面の群落地にも蕾がたくさんあったが総じて小ぶり。

2013-06-02_07-24-10.jpg
先週、頭も出てなかった看板(H:70cm)や笹薮が、夏景色になった。

2013-06-02_09-45-50.jpg
下山中に展望台(登山口)→ゲートの車道で行き交った登山者が、夫婦4組と7人ブループ。
来週あたりはかなりの登山者が入山すると思われる。


先々週から、雪面登りから登山道の地面登りに入ると急に足が重たくなる。
足腰が冬モードから夏モードに切り替わっていないためなのか?
冬靴のせいなのか?年のせいなのか?
今日から無雪期のカテゴリーになります。

展望台ゲート開通日
2013年6月14日予定(未定)
2012年6月4日
2011年6月8日
2010年6月15日(前日除雪)
2009年6月4日
2008年5月29日
2007年6月1?日

<< オロフレ山展望台ゲート開通 | ホーム | 雪融けが遅いオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム