FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

好天気のオロフレ山と来馬岳

2013年6月23日(日)

オロフレ山

例年と違い、週末天気が良いオロフレ山が続いています。


0070_2013-06-23_04-43-12.jpg
とはいえ、早朝のオロフレ山標高1000m以上はガスの中。
しかし2~3時間もするとガスは切れ、晴れる予定。
一番手で入山届けノートに記入したが、追っかけ2番手の登山者が支度をしている。
今年になって早朝入山する人が急に多くなった。

0072_2013-06-23_05-50-06.jpg頂上までずーっとガスの中。
気温8℃ぐらいで涼しく、一番好みの山歩き。

0075_2013-06-23_05-52-08.jpg
例年と違い登山道沿いにイワカガミが目立つ。

0080_2013-06-23_05-56-26.jpg
ハクサンチドリが終盤でヨツバシオガマが勢力を増してきた。

0086_2013-06-23_06-25-04.jpg
数少ない紅花一薬草も顔を覗かせてきた。

0099_2013-06-23_06-58-44.jpg
7時前で既に10台くらいの車。


来馬岳

0102_2013-06-23_07-29-02.jpg
登山口から上を見上げると先行者。

0111_2013-06-23_08-59-56.jpg
頂上直下に白根葵がまだ咲いていた。

0113_2013-06-23_09-01-22.jpg
風があるので心地よい頂上。

0114_2013-06-23_09-18-08.jpg
後続して来た人は犬同伴だった。人間年齢50代半ばの10歳とのこと。

0119_2013-06-23_10-17-02.jpg
日差しが強く気温も上がってきたが、風が心地良い。
ここで寝っ転がり、20分ほど熟睡して下山した。

<< 標高1000m以上快晴で視界良好 | ホーム | 涼しいオロフレ山~暑い来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム