FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

標高1000m以上快晴で視界良好

2013年6月30日(日)

オロフレ山

家を出てからカルルス温泉を過ぎるまで霧模様だったが、オロフレトンネル最初の覆道(標高700m)辺りに来ると、上のほうに青空が見え出した。
0123_2013-06-30_04-50-32.jpg


0131_2013-06-30_04-57-58.jpg
トンネルを抜けると標高1000m以上は360度快晴。

0149_2013-06-30_06-20-24.jpg
頂上に来ると先行者が一人。本当に今年は早朝登山者が見られる。

0157_2013-06-30_06-28-08.jpg
風不死の頭と樽前のドームの向こうに夕張岳と芦別岳。右手に襟裳岬方面まで続く日高山脈の稜線も薄く遠望できたが、東からの逆光で撮れていなかった。

0163_2013-06-30_07-17-00.jpg
下山途中、C沢から見る来馬岳の稜線は、雲が上がってきたので消えそう。この後、来馬岳頂上に行く頃にはどうなっているか?


来馬岳

0178_2013-06-30_08-28-58.jpg
登山口から団体さんが見えていたが、地元登別山岳会による登山道整備だった。
しか右手のゲレンデ(登山道)を行くのでなく、正面のスキー場作業道路の草刈をしながら進んでいる。

0191_2013-06-30_09-49-44.jpg
来馬岳頂上は快晴。オロフレは標高1100m以上が出ている。風不死と樽前は雲の中。

0198_2013-06-30_10-27-26.jpg
5合目下のゲレンデまで下山すると、第2リフト降り場方面の草が刈られていたのでそちらに向かう。

0203_2013-06-30_10-42-56.jpg
パノラマコースをそれなりに下って、きれいに刈り取られた作業道路に入る。

0207_2013-06-30_10-50-46.jpg
第1リフト降り場の登山道と合流し、登山口に下りる。 



下山後、カルルス温泉から来馬岳を仰ぐと標高700m以上は雲の中。たぶん雲の層は700m~1000mだけで、頂上は晴れているだろうと推測しながら帰宅した。

<< 早朝の涼しいオロフレ山と真夏の暑々来馬岳 | ホーム | 好天気のオロフレ山と来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム