FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

暑くても山の空気は秋

2013年8月25日(日)

日の出時刻が春に比べ1時間ほど遅くなってきたが、今のところ4時台には起床してオロフレに向かう。

オロフレ山

0418_2013-08-25_05-08-22.jpg
早朝のオロフレ山は厚い雲が巻きついている。あの雲の中は霧雨なのか雨なのか?

0427_2013-08-25_06-45-08.jpg
頂上手前から雨粒が落ちてきたので傘を差して到着。
春に買ったオレンジ色の派手なやつで今年初めて使用。
即Uターン。下山に入り雨が切れた所で傘を仕舞う。

0431_2013-08-25_06-55-36.jpg
頂上稜線の登山道沿いに多く咲いている梅鉢草。その他に蝦夷御山竜胆(エゾオヤマリンドウ)が目立ってきた。


来馬岳

0444_2013-08-25_10-18-22.jpg
頂上からのクッタラ湖。今日は珍しく湖面がはっきり見えたので撮る。

0453_2013-08-25_11-23-44.jpg
第一リフト降り場でゆっくりしようと思ったが、陽が照ると暑く、陽が陰ると寒い(風が強いため)ので早々に下りる。
ゲレンデ下部の草刈が終わっており、斜面の凸凹が分かり易いので、最短距離を下ることが出来る。


湿度が高かったお盆が終わり、晴天が増えてくると、放射冷却で朝晩の空気がシャキッとしてきた。

<< 霧雨・小雨の来馬岳とオロフレ山 | ホーム | 雨降りで山行き中止 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム