FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日も良い天気でラッセルなしのオロフレ山

2014年3月2日(日)

穏やかな天気が続いており、今日も不安なくオロフレ山に入ることができる。



2014-03-02_09-16-26.jpg
壮瞥ルートの取り付きが結構荒れている。
先週から雪が増えていないため、入山者の色々な痕跡が浮き出ている。

2014-03-02_10-23-22.jpg
1003Pに着いたとき、小岩峰の尾根に登別ルートから入ったと思われる3人が見えていた。
そして今は1062Pに。

2014-03-02_11-13-40.jpg
時々強い風が吹くが、良い天気。

2014-03-02_11-42-08.jpg
頂上の手前で3人と行き交う。
同じパーティーではなかったようだ。

2014-03-02_11-52-20.jpg
先週白く見えたクッタラ湖が少し黒ずんでいる。暖気で融けたのかな?

2014-03-02_12-53-52.jpg
午後になっても気温が上がらないため、羅漢岩稜線の雪質は登ってきたときと変わらない。



ワカンを手に持って壮瞥ルートに入ったが、適度にクラストしていたため、そのままツボ足で1003Pまで登る。
1003Pで今年初めてアイゼンを履き、クラストした羅漢岩稜線を経て、小岩峰から先行者のトレースで頂上へ。
おかげでルートを通じ、ほとんど踏み抜きが無かった。

<< 明日の山行きは中止 | ホーム | 好天が続きます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム