FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報は今日以降晴れマークが並んでいる

2014年3月22日(土)

来週から気温がプラス圏に入り暖かくなりそう。
3月になってから小刻みに雪が降っており、オロフレ山も平年並みになってきた。



2014-03-22_09-17-12.jpg
いつも積雪状況を確認しながらオロフレトンネルまで車を走らせている。
今日は一昨日の雪が積もっているのと天気が思わしくないので登別ルートから登る。

2014-03-22_11-42-56.jpg
以外に小岩峰手前の分岐まではスネくらいのラッセル。1062Pまでは適度なクラストで登りやすかった。
頂上稜線に入ると、風雪で視界が悪くなった。
ただ先週と違い右手の稜線ラインがぼやっと見えるのでそれに沿って登る。

2014-03-22_11-57-44.jpg
頂上は全然視界なし。
頂上手前の2本の潅木を目安にしているので、どの辺りが頂上なのか大体分かるが、今日は通り過ぎ、下りが続いた所で引き返し、頂上はここと判断。

大昔、二人で12月の羊蹄山(真狩コース)を夜間にツボ足で登り、山頂手前でピッケルのみで掘った雪洞でビバーク。翌朝、外輪に着いて右回りで本当の頂上に向かったが、視界が開けたら左回りで歩いていた。ホワイトアウト+リングワンデリングみたいなものだった。

オロフレ山のホワイトアウトで一番怖かったのは山でなくオロフレトンネル内という経験。春先だったかトンネル内に充満したガスの中、車が完全に宙に浮いてふわふわ状態。出口が見えるわけも無く、低速で走ったので出口までの時間が長く恐怖だった。

2014-03-22_13-02-28.jpg
帰路、頂上稜線を下りると晴れてきた。
帰り道の小岩峰尾根。
1月には低かった太陽が高い位置に見えるようになってきた。


陽が差さず、風があれば、乾雪の中を登れるが、午後に少しでも陽がさすと、急に足元の雪が重たくなってくる。
来週は春モードになっているのかな?


<< 今日だけ天気が悪そう | ホーム | 今日の天気予報は午後まで降雪? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム