プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させてから11年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今日だけ天気が悪そう

2014年3月30日(日)

ずーっと暖かい日が続いていたが、今日だけ気温低めで天気が悪そう。
ならば今日しかないでしょ・・・ということで羅漢岩へ。



2014-03-30_09-13-22.jpg
B沢左股は出合から見ると雪庇が張り出している。(ズーム写真)

2014-03-30_09-22-16.jpg
落ちるものは全部落ちているので安心。

2014-03-30_09-26-58.jpg
毎年確認しているハーケン。
昨年は足元の高さにあったのが今年はは2~3m上にある。

2014-03-30_09-31-42.jpg
稜線がすぐそこ。

B沢左抜け口
左の雪壁を行くか、垂直2mの雪庇を行くかで思案。雪庇へ。
氷化してるので蹴り込みが効かず、カッティングして足場を作って登る。かなり集中した。(写真はは元画像の切り取り)

2014-03-30_10-00-16.jpg
下降ルートに定着したA沢を下る。
2ヵ所ほど前向きでは危険なためクライムダウンで下降。

2014-03-30_10-22-24.jpg
Eルンゼに取り付く。中央のV字形。

2014-03-30_10-35-48.jpg
下部では一部ブッシュ登りを交えながら。
中間から上部はかなり力を入れ蹴り込みながら登る。

2014-03-30_10-42-02.jpg
凸凹があると平らな部分に足を置けるので一休みできる。

2014-03-30_11-16-04.jpg
Eルンゼを抜け稜線に出、小岩峰手前の分岐にヘルメットとワカンをデポして頂上へ。
かなり風が強いが、地吹雪になる新雪がないため視界は良い。

2014-03-30_11-51-32.jpg
1062Pの斜面は潅木が目立ってきたので夏道沿いに登ってきた。
コルの手前で風を避けながら休憩と行動食を摂る。
頂上は13時頃かなと思いながら稜線に入ると、とんでもない強風だった。一歩が踏み出せなく留まっていると、東南の風で右腕が一気に冷えてゆくのがわかる。細かい雪も混じり出し、顔を頂上方面に向けられず、ヤバイなと判断し撤退。
今シーズン強風の撤退が2回目。春先の東南の風は強烈である。

羅漢岩全景
B沢左股 → A沢下降 → Eルンゼ →頂上稜線下部 → 登別ルート下山
(画像は2013-05-19廃道から)


帰りに温泉で足の親指を見ると、爪が2本とも青黒くなっていた。
何か痛いなと思っていたが、キック連続のB沢、Eルンゼの登りで、爪がやられていた。
元に戻るのに何ヶ月掛かるのかな?

<< 今日も先週と同じく気温が低そう | ホーム | 天気予報は今日以降晴れマークが並んでいる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム