FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日も先週と同じく気温が低そう

2014年4月6日(日)

今日の天気予報は午前中晴れで気温は低め。
昨日は断続的に雪が降っていたので、オロフレ山はどうかな?と思いながら家を出る。


A・B沢
カルルス温泉駐車場から双眼鏡で羅漢岩の状態を視る。新雪がうっすら被っている。昨晩から気温が低ければ羅漢岩の下降ルートにしているA沢を登り~頂上、と決めていた。

2014-04-06_09-18-20A.jpg
羅漢岩は南面なので春先は朝でも日が差すと直ぐに雪が湿ってくる。朝早くから登りたいがそうもいかない。下部は新雪ラッセルとクラスト斜面を交えながら登る。

2014-04-06_09-40-30.jpg
中間部
厳冬期ならアイゼンの爪だけで登ることになるが、今時期は適度な蹴り込みで登る。

2014-04-06_09-51-08.jpg
上部の緩斜面を抜ければ稜線。

2014-04-06_10-02-14.jpg
B沢左股
先週、抜け口にした垂直の部分が雪庇になり、雪が融けて笹の露出も目立ってきた。

2014-04-06_10-07-38.jpg
笹の壁になると危険が増すので、先週に登っておいて正解だった。

2014-04-06_10-13-20.jpg
春は新雪が少しでも積もると山が綺麗に見える。

2014-04-06_11-32-20.jpg
羅漢岩稜線から頂上まで踏み抜きがほとんど無く、クラスト面を快適に登ってきた。

2014-04-06_12-42-50.jpg
天気が悪くなってきたので下山を登別ルートにしようかな?と思ったが、時間が早いことだしA沢に戻って下降。

2014-04-06_12-52-34.jpg
A沢の途中にある洞窟。一番最初に見つけたとき、仏像でも祀ってないかなと思ったけど何も無かった。

2014-04-06_13-00-26.jpg
下山が終了したときは冬の様相。

2014-04-06_13-02-32.jpg
先週はドアの壊れたガラス部を這い出るとき、雪庇が頭上にあったが既に落ち切っていた。



先週は東南の烈風に負け、頂上稜線下部で撤退したが、今日は冬のような西風が強かった。
ただそのおかげでウィンドクラストしてくれるため、快適に登れるのが良い。


<< 今日は晴天で気温が高そう | ホーム | 今日だけ天気が悪そう >>


コメント

Re: アドバイスお願い致します

ブログへご訪問いただきありがとうございます。
オロフレ山も雪解けが進んでいますが、初心者だけの壮瞥ルートはまだ問題外です。登別ルートにしてもリーダーになる方が事前に登った上で、個人スキルや装備の判断を要するべきと思います。
結果登れたからOKは積雪期登山には通用しないと思います。私のザックにはアイゼンが使用するしないにかかわらず入っています。

アドバイスお願い致します

いつもオロフレに来る時こちらを参考にさせて頂いております!!ありがとうございます!!今週末13日に初心者数人でオロフレに登りたいと考えていますが~登別ルートをスノーシュとポールで初心者が登るのは可能でしょうか?それとも壮瞥ルートの方が無難でしょうか?ご助言頂けましたら幸いです。私は今年3月に壮瞥ルートから駐車場の上まで行っただけで冬オロフレは初めてです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム