FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

雨に濡れても

明け方の雨音で目が覚め、今日は中止かなと思っていましたが、7時頃起きてみると止んでいました。

春から来馬岳に通っているわけですが、朝から本降りで中止したのは5月27日の1回だけです。
それだけ週末に激しい雨が降らなかったということにもなります。

少々の雨でも風が無いことを期待して家を出ます。



DSCF0049.JPG雨が落ちてくる気配が無いので登ってきました。

先週から始まったゲレンデの草刈が上の方まで進んでいました。

下部では刈り取られた草が枯れ、茶色に見えます。














DSCF0049.JPG5合目の手前、ゲレンデ終点です。

雨は降っていませんが完全にガスの中に入ってしまいました。

第2リフト方面の背の丈以上あった草もきれいに終わっています。

何本かのコースを全体的に押し上げながら刈り取るというより、1本ごとに作業を行っているようです。









↓↓クリックで拡大

頂上も視界はほとんどありません。
と、思ったら右の画像のようにサーっと明るくなったりもします。
先週には無かった三角点を囲んだ標識と杭が新たに埋め込まれていました。



DSCF0049.JPG下山途中はガスが湧いたり、飛んだりと天候がころころ変わります。

2、3分前は視界が50mくらいでした。
















第一リフト終点の下で草刈機を使って作業をしていた方がいたのでお聞きしたところ、全て人力で刈り取っているそうです。

専用の草刈自動車のようなもので行っていると思っていたのでびっくりしました。

小規模なスキー場なので可能なんだとも思いました。

今日は雨に当たりませんでしたが、時折吹く風で木々から落ちる水滴のためかなり濡れました。

濡れても平気で登れるもそろそろ終わりの時期です。

高山なら冷え切って疲労凍死の一番の要因です。

これから天気も下り坂ですし、丁度良い時間帯に登ることが出来ました。


<< 標識残置テープ | ホーム | 台風過ぎて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム