FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

小笠原諸島父島 登山日記 その六

 5月07日(水) 千歳→羽田
 5月08日(木) 東京竹芝発10:00
 5月09日(金) 父島着11:20
 5月10日(土) 父島
 5月11日(日) 父島
 5月12日(月) 父島発14:00
 5月13日(火) 東京竹芝着15:20
 5月14日(水) 羽田→千歳


    歩行ルート
DSCF0049.JPG
5月9日(金)
民宿なぎ屋⇔ウェザーステーション展望台

5月10日(土)
民宿なぎ屋→宮之浜海岸→釣浜→長崎展望台→旭山南峰→旭山→旭平展望台→国立天文台→初寝浦展望台→初寝浦海岸→中央山→桑の木入口→連珠谷展望地→天狗鼻展望地→小笠原神社→扇浦海岸→境浦海岸→小笠原海洋センター→民宿なぎ屋

5月11日(日)
民宿なぎ屋→境浦→扇浦海岸→コペペ海岸→小港海岸→中山峠展望台→ブタ海岸→高山→ジョンビーチ→ブタ海岸→中山峠展望台→小港海岸→亜熱帯農業センター→扇浦海岸(バス)民宿なぎ屋                          

5月12日(月)バイク
民宿なぎ屋→宮之浜海岸→旭平展望台→初寝浦展望台→傘山→小港海岸→扇浦海岸→境浦→民宿なぎ屋


拡大⇔縮小DSCF0049.JPGDSCF0049.JPG


 








Internet Explorer利用で画像が消えてる場合は他のブラウザで正常に表示されます



2014年5月12日(月)

最終日。
目覚めたのが5時過ぎ。午前中は行動できるので、幹線道路をスクーターで走ってみることにした。レンタカー屋さんが開くのが8時。時間があるのですぐ近くの丘の上にある大神山神社へ。


今日も父島は過ごしやすい気温だ。登別は日中の気温が低く寒そう。

2014-05-12_05-45-22.jpg
今日の出航まで4日間つながれっぱなしのおがさわら丸。おかげで3泊4日を島で過ごすことが出来る。

2014-05-12_05-56-42.jpg
階段を登って

2014-05-12_06-02-38.jpg
由来をじっくり読んで

2014-05-12_06-03-34.jpg
お参り。・・・・賽銭を持ってこなかった。

2014-05-12_06-24-52.jpg
社殿からさらに登るとパノラマが広がっていた。

2014-05-12_06-37-56.jpg
民宿なぎ屋が見える。

2014-05-12_08-30-42.jpg
朝食を7時半に食べ、レンタルバイク屋さんでスクーターを借り、宮之浜海岸。

2014-05-12_09-12-58.jpg
旭平展望台・・・紺碧のボニンブルーには遠い色

2014-05-12_09-23-10.jpg
初寝浦・・・昔と変わりません

2014-05-12_09-37-50.jpg
初寝浦展望台から少し走ると岩肌を持つ尾根が見えた。私にとっては是非とも登りたい景色だ。

2014-05-10_09-13-36.jpg
そう思いながら少し走ると路肩にこのセットが置かれていた。(写真は5/10に歩いた時撮っていたもの)
一昨日は気が付かなかったが、良く見ると裏に小さな踏み跡ある。傘山への登山口で、先ほどの岩肌の尾根の約反対側になる。

2014-05-12_09-46-36.jpg
顕著な踏み跡と岩肌をスプーンカットしたように削ったスタンスが先を示している。

2014-05-12_09-48-00.jpg
ほどなく頂上に着いた。

2014-05-12_09-55-08.jpg
2014-05-12_09-52-34.jpg
周辺の島や海岸を全部見渡せるわけではないが、360度の展望があり今までのピークの中で一番だった。

2014-05-12_09-55-32.jpg
境浦をズーム。

2014-05-12_10-02-12.jpg
傘山を後に小港海岸に向かう。

2014-05-12_10-35-34.jpg
小港海岸は昨日に増して砂浜が輝きまぶしかった。昔と全然変わってない。

2014-05-12_10-40-22.jpg
ビーチ手前の東屋に女性(美人)がひとり。静かに海を眺めているだけで他に誰もいなかった。


昼食をなぎ屋で頂く。北海道から冷凍で持ってきたホタテと島の魚で海鮮丼を作ってくれた。
10数年前に亡くなった初代のご主人の仏前で手を合わせ、大女将さんに別れを告げ、民宿なぎ屋を後にする。


2014-05-12_13-51-40.jpg
見送り風景

2014-05-12_14-01-46.jpg
民宿なぎ屋の若女将。

小笠原諸島父島の海上見送りパフォーマンス。





2014-05-12_14-54-00.jpg
携帯電話はもう繋がらない。

2014-05-12_15-28-14.jpg
聟島列島の一部

2014-05-12_18-14-02.jpg
島影も無い太平洋真っ只中。

2014-05-12_23-17-50.jpg
帰りは皆さん静かに寝ています。





2014年5月13日(火)

2014-05-13_10-07-24.jpg
朝から雨が吹き付けてくる。時間的に伊豆諸島の三宅島付近。

2014-05-13_14-54-58.jpg
東京湾に入った。

2014-05-13_15-01-32.jpg
フジテレビ、お台場。

2014-05-13_15-04-10.jpg
レインボーブリッジをくぐって竹芝桟橋。



42年前に比べあまりにも短い滞在だったが小笠原諸島父島の旅を終えた。
私の脳裏に焼きついていた超紺碧ボニンブルーの太平洋と超満天の星空を望み見ることはできなかったが、小港海岸は昔と変わらず眩しいくらい綺麗な砂浜のままだった。展望台から見る初寝浦の白さも全然変わっていなかった。ただ境浦の朽ち果てて行く沈没船が時の流れを感じさせてくれた。
父島の森を歩いてみて亜熱帯特有の濃い緑の中、オガサワラビロウなどの生命力に圧倒された。

世界自然遺産登録に際し賛否両論があったと聞いた。以前に増して観光資源の優位性を持つ島は若者の村という空気感だった。
自然、開発、人間、さまざまな問題があると思うが、これから先も永久に美しい島であって欲しいと願っている。




今日は42年前、放浪の旅の節々で何度も立ち寄り寝泊りして世話になった友Wに会い夜中まで。



2014年5月14日(水)

“男はつらいよ”の葛飾柴又帝釈天参道、寅さん記念館、江戸川を満喫して北海道に戻る。


 一作品2~3回は観ている




               

              ・ ・ ・ 終わり ・ ・ ・


<< 春山飛び越えて夏山モード | ホーム | 小笠原諸島父島 登山日記 その五 >>


コメント

Re: タイトルなし

WEB動画で目にしていた海上見送りパフォーマンス。しっかり若者と観光の島でした。
綺麗な海以上の目に焼きつく太平洋が見たかったのですが残念。
父島も母島も有料ガイド付きでなければ踏み込めない場所があり、何だかなぁ~という感じでした。

次は?・・・・・・うーん・・・ないと思いますよ。

見送りパフォーマンスに綺麗な海 変わっていませんね?
私が行ってから何年が経ったのだろう?もう忘れかけていますが15年位前です。
また行きたいですね~ 母島も海が綺麗で山や自然がいっぱいであまり観光地化していなくて良かったですよ。
この次は?是非 母島へ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム