FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

しっとり空気のオロフレ山と来馬岳

2014年6月29日(日)

時々ワイパーをかける程度の霧雨の中、オロフレ峠展望台(登山口)へ向かう。


オロフレ山

2014-06-29_05-18-22.jpg
展望台では強い風が吹いてるが、潅木帯の登山道に入ってしまえば気にならなくなる。雨と間違うような水滴がバサバサと樹木から落ちてくるので傘を差して登る。

2014-06-29_05-44-40.jpg
小岩峰下斜面の笹が刈り取られ、道が出来ていた。

2014-06-29_06-25-44.jpg
視界なしの頂上。

2014-06-29_06-39-50.jpg
ヨツバシオガマ一色。

2014-06-29_07-21-04.jpg
ちょっと前に1組と行き交い、もう1組が雨具を着け準備をしている。


来馬岳

2014-06-29_07-45-38.jpg
ゲレンデはマーガレット畑になってきた。

2014-06-29_09-08-02.jpg
昨日、登別山岳会による草刈りが行われていた。

2014-06-29_09-30-50.jpg
視界なしの頂上。


中長期の天気予報が冷夏から例年並みに変更された。私にとって強い雨が降らない限り今日のような天気が登りやすい。めったに来ない登山者にとっては展望がなく、ガッカリする登山日になってしまうだろうけど・・・。

<< オロフレ山羅漢岩でブロッケン現象 | ホーム | 晴天のオロフレ山と来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム