FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

雨に降られるかな?

2014年7月20日(日)

昨晩、今日の天気予報で、一時雨のマークが消え曇りマークに変わった。
早朝、予報通りの曇り空の中、オロフレ山に向かう。


オロフレ山

2014-07-20_05-32-30.jpg
風が強く気温が低い。(下山時が12℃だったので入山時は10℃以下かな?)この営林署管理の入林箱の中にある記入帳は雨のときいつも濡れている。

2014-07-20_06-24-58.jpg
オロフレ山で手を使う(添える)場所が2ヵ所ある。ここはその一つ。上りで右手、下りで左手。何千何万の人が手を掛けてると思う。(無理すれば上りのとき添えずに済むことも出来るが)

2014-07-20_06-38-58.jpg
ヨツバシオガマは頭だけ花が咲き、下のほうは種に変わってきている。

2014-07-20_06-42-48.jpg
頂上は視界なし。

2014-07-20_06-51-38.jpg
手を使う(添える)もう一ヶ所の場所。上りはなんとかなるが、下りはどうしても手を掛けたくなる。


来馬岳

2014-07-20_08-07-28.jpg
オロフレ山は木々から落ちる雨垂れ対策で傘を差して登り、来馬岳は木々から落ちる雨垂れと登山道に被さる草を押しのけるため傘を使って登る。

2014-07-20_09-57-18.jpg
煽られても元に戻ることが出来る傘です。


今日は雨に降られることもなく、夏と思えないような涼しい登山だった。

<< 意外と荒れた天気にならなかった | ホーム | 今日も雨の心配がないオロフレ山と来馬岳 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム