FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

秋晴れのオロフレ・来馬!

2014年9月21日(日)

秋の晴天が続いてる。しかし日中はにわか雨などもあり、洗濯物などを干していると気を抜けない。

今日の天気予報はにわか雨もない晴天とのこと。


オロフレ山

2014-09-21_05-58-56.jpg
先週に続き、ほぼ快晴のオロフレ山域。

2014-09-21_07-17-20.jpg
頂上から遠望の無意根山、札幌岳方面も快晴。

2014-09-21_08-17-26.jpg
今日も続々登山者が到着しだした。


来馬岳

2014-09-21_10-40-02.jpg
あまり風がなかったので結構暑く、汗をびっしょり搔いて頂上着。

2014-09-21_11-46-16.jpg
5合目まで、ゲレンデの登りは登山道を辿るが、下山のときはフワフワした草の上を選んで自由に下る。

過去の登山経験で一番歩きやすかった場所がある。それは四国八十八ヵ所歩き遍路をしたときの21番・太龍寺→22番・平等寺の山の中で、細い登山道に落ちた大量のフカフカした杉の葉の上を歩いたときだった。膝、腰に負担を覚えない素晴らしく快適な道だったのを記憶している。


まだ夏山スタイルで登っている。早朝は寒いので上に羽織ったりするが、暑くなれば脱いでゆくスタイルである。そんな服装ももうすぐ終わる。

<< 穏やかなオロフレ・来馬 | ホーム | 豪雨後のオロフレ・来馬は・・・? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム