FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

こちらの地方 未だドカ雪なし

2015年2月22日(日)

今冬、10cm未満の降雪が2回くらいあっただけ。

春の嵐でドカ雪が来なければ、記録的なことになるかもしれない。

といっても、山にはそれなりに雪があるわけで、今日も健康維持のためオロフレ山へ。


2015-02-22_09-16-18.jpg
山全体がすっぽり冷たいガスに包まれ、視界がかなり悪いので登別ルートから入る。昨日と思われる何人分かのツボ足、スノーシューなどの跡がある。

2015-02-22_09-41-38.jpg
上りと下りでゴチャゴチャになった踏み跡が固くなったまま残っている。それを利用して登るのでラッセル無し。斜面は先週からほとんど降雪がなかったのか、雪が締まっており軟らかめのクラスト。

2015-02-22_10-43-10.jpg
1062Pの肩でひと休み。

2015-02-22_10-59-12.jpg
頂上稜線下部の斜度のキツイところで、幅7mに渡って悪戦苦闘の様子が。

2015-02-22_11-17-56.jpg
頂上手前もお蔭様で踏み抜きを避けて通過。

2015-02-22_11-22-40.jpg
頂上ポールを目視できた所から歩数換算で視界は15m。先週と変わらず積雪140cm。

2015-02-22_11-26-16.jpg
先週ビバークした雪洞は埋まっており、一番薄かった天井あたりにピッケルを刺しても感触なし。

2015-02-22_12-33-38.jpg
いつもなら頂上付近に居るような時刻の12時34分で終了。


昨日入山者の踏み跡が使えたので楽な登山だった。

登山日がよっぽどの寒気にぶつからない限り、オロフレ山の厳冬期は終わってしまったようだ。

<< 大雪警報...外れ | ホーム | 雪洞ビバーク訓練 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム