FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレ山は根雪になったかな?

2015年11月22日(日)

一昨日市街地から見たオロフレ山は黒っぽかった。
寒気が入り込んでるのでいつもオロフレ山に被る雲が雪を降らせてるかなぁ~と思いながら早朝に家を出る。
オロフレトンネル登別側は一切雪が無い夏道。しかしトンネルを一歩出ると壮瞥側はアイスバーンでわだちが怖かった。
基本的にオロフレ山の雪の状況は壮瞥側から展望するのが正解と思う。



2015-11-22_06-39-10.jpg
入山時気温-6℃。
ゲートからの車道はブラックアイスバーンなので白い部分を歩く。昨日と思われる二人の足跡が氷の上に浮き出ている。

2015-11-22_06-50-56.jpg
足跡がそのまま凍ってるので、登山道の足跡も凍りつき、歩き(登り)にくいだろうなと思ったが、展望台(登山口)で引き返していた。

2015-11-22_07-08-46.jpg
いつものように荒涼とした展望台(登山口)。

2015-11-22_07-12-24.jpg
登山口から2、3cmの雪で歩きやすい。

2015-11-22_07-28-58.jpg
気温が低くて快適です。

2015-11-22_08-31-38.jpg
頂上まであと3分。

2015-11-22_08-34-32.jpg
視界が無くなったので、いつものように頂上だけに雲が掛ってるかと思ったら、車に着くまで小雪交じりの冬模様だった。

2015-11-22_09-28-02.jpg
こんな様相の羅漢岩も好きだ。

2015-11-22_09-46-54.jpg
一応終了。

2015-11-22_10-26-42.jpg
帰路はアイスバーンの上に雪が乗っかっていたので路肩を歩くなどして転倒に気を使った。
下山時気温も-6℃。


もうオロフレ山の雪が融けることはないと思うので本格的な冬山が始まった。
11月25日からカルルス温泉ゲートが夜間規制に入る。次週からはゲートへ9時出勤となる。

<< こちらの地方積雪ゼロ | ホーム | 今週もしとしと雨 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム