FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

初冬のオロフレ山へ

無積雪期の来馬岳を先週で終わり、今日からは冬季のオロフレ山に向かいます。

下からはまだ冠雪が見られません。

今週いっぱい好天気が続くようですし、真っ白い三角すいの山が見られるのは来週以降かな。




DSCF0049.JPG展望台へのゲートは既に閉鎖されていました。

帰宅してから室蘭土現のHPを確認したら11月2日に閉鎖でした。

展望台の登山口まで2.4kの舗装を歩きます。

これを入れて頂上まで2時間程の登りになります。

と言っても今のうちだけで、これからの積雪状況で大幅に変わります。






DSCF0049.JPG展望台(登山口)に着きましたが、雪は一部にサラッとあるだけです。

9月4日に来た時にあった、入山届けの箱は有りませんでした。

夏場だけ営林署が設置しているみたいです。













DSCF0049.JPG5ヶ月ぶりで入りましたが、以前にも増して登山道が掘られています。

無積雪期の登山者数はどの位になるのか知りませんが凄いものです。

シーズン始めは新雪が積もったこの中ををラッセルする事になります。











DSCF0049.JPG頂上稜線中間部の三角鉄板です。

刻まれた文字から祈願の意味があるようです。

頂上は風が強いので即下山し、ここでしばし休憩を取ることが多いです。

本日もそうでした。











DSCF0049.JPG頂上です。

2、3cmの積雪です。

雪の反射なのか逆光状態の画像になってしまいました。
















帰路、小岩峰に登って撮りました。

三角鉄板は1964年でしたが、これは1922年で歴史があり立派なものです。














DSCF0049.JPG振り返って見た小岩峰と頂上です。

下山途中、4組の登山者に出会いました。

私は早めに山に入るので行き交うパターンが多いです。














DSCF0049.JPGゲートには5台の車が止まっていました。

私を入れて5組の入山者ということで数が合います。


















冬山が好きな私がようやく待ちに待った季節です。

1月初旬までは通常の夏道ルートとそれに平行したルートファンディングによるルート。

沢が雪で埋まる1月中旬以降は登別(トンネル入口)ルート、壮瞥(トンネル出口)ルートとなります。

残雪期には羅漢岩出合ルートを開拓しようかなと思っています。

<< 天気が悪くなる前にオロフレ山へ 気温-1℃ | ホーム | エスカレート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム