FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

本日も来馬岳北東面ルンゼへ

2016年4月16日(土)

先週に引き続き本日も来馬岳北東面ルンゼへ。今日はTarochanと同行。


2016-04-16_05-03-42.jpg
このところ天候不順だったせいか、残雪が先週と比べ極端に減っていない。入山時気温が0℃でカリカリのルンゼを期待したが結果的にダメだった。やはり一週間の差には大きいものがあった。



先週まったく埋まらなかったアプローチの沢スジがズボゾボで、何度も片足が股まではまった。

2016-04-16_06-59-40.jpg
しかし二股から上の雪原はルンゼ取り付きまで快適な歩き。



今日は緩斜面でコンティニュアス。急斜面はスタカットのつるべ式で登る練習。

2016-04-16_10-46-48.jpg
稜線に10時半頃着いてそのまま来馬岳頂上へ。小雪といいながら来馬岳頂上は積雪が多いような気がする。
風がなく暖かいので頂上の下で12時頃まで色々話をする。

2016-04-16_12-41-04.jpg
6合目からの羅漢岩。カルルス温泉ゲートが開通した後に、早朝登山でA沢辺りが登れると嬉しいのだが。



残雪期の登山ルートは時期を見極めないと面白さが半減する。低山のオロフレ山はそろそろ雪山終盤となってきた。

<< 春うららかなオロフレ山 | ホーム | 羅漢岩と同じく春恒例となった来馬岳北東面へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム