FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日から夏靴を履いてのオロフレ山

2016年5月22日(日)

先週今週と車には二通りの装備(服装・靴等)を積んで展望台ゲートまで来た。
先週は気温・風・雪などから冬装備だったが、今日は完全に夏(春)装備で入山。


2016-05-22_04-01-38.jpg
先週、高さ120cmあった展望台(登山口)手前の残雪が30cmくらい。今日中に融けそう。道路も綺麗になっていたし、2、3日内に開通かな?
展望台ゲート5月27日(金)10:00開通

2016-05-22_04-07-10.jpg
展望台(登山口)に来ると遠くに陸地が・・・。日高山脈から末端の襟裳岬辺りまで見える。ここから末端がくっきり見えるのは珍しい。

2016-05-22_04-50-00.jpg
登山道の残雪はまだ所々あったが、ここが最終。



頂上からも白老港の向こうに襟裳岬。直線で約190km。


2016-05-22_05-36-00.jpg
先週と同じように羊蹄山が綺麗。

2016-05-22_05-42-50.jpg
シラネアオイが所々に見え出してきた。来週はほぼ満開に咲いてると思う。



昨日、Tarochanと室蘭のチャラツナイ海岸に行ったが、駒ケ岳と渡島半島が直ぐ目の前にあるかのように綺麗だった。



来週からオロフレと来馬の二つの山行き。
オロフレ山のシラネアオイが咲き出す頃、来馬岳の山頂はシラネアオイとサンカヨウが満開になる。

<< シラネアオイ満開の来馬岳とオロフレ山 | ホーム | 夏道ルート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム