FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

シラネアオイ満開の来馬岳とオロフレ山

2016年5月29日(日)

5月27日(金)に展望台ゲートが開通。

オロフレ山は登山客が一気に増えてくる季節になった。

オロフレ山

2016-05-29_04-08-30.jpg1003Pに上がった所で日の出。

2016-05-29_04-14-58.jpg
小岩峰尾根を下りた先の雪渓がカチンカチンに凍っていた。入山時気温2℃。

2016-05-29_04-25-26.jpg
1062P下のシラネアオイ群落は九分咲き。

2016-05-29_04-56-38.jpg
頂上から週毎に見ている羊蹄山の残雪がかなり減ってきた。

2016-05-29_05-54-22.jpg
今年のオロフレ山のシラネアオイは紫の色が濃い。




来馬岳

2016-05-29_06-33-42.jpg
夜露が消え、乾いたゲレンデ。

2016-05-29_07-03-02.jpg
あまりにも虫(黒い小さな)が多いため、5合目手前までこの格好。

2016-05-29_08-21-16.jpg
頂上直下の群落が満開。

2016-05-29_08-33-50.jpg
頂上裏手のサンカヨウ群落は既に終わり、花が実(種)になっていたのが9割。

2016-05-29_09-44-50.jpg
気持ち良い陽気なので昼寝?をしてゆく。(9:45です)。登山者の声で目が覚め、熟睡20分。


来馬岳は花の種類が少なく地味な山であるが、シラネアオイの群落はオロフレ山より見応えがあると思う。

<< シラネアオイ終盤の来馬岳とオロフレ山 | ホーム | 今日から夏靴を履いてのオロフレ山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム